ロゴ

外壁塗装前に知りたい基礎知識とは?得する情報を公開!

外壁塗装のタイミング

外壁塗装をお願いする絶好のタイミングは、家を建ててから10年ごろです。この頃になると、外壁の至る所に問題が生じます。また、雨の日の施工は基本できないのでなるべく晴れている日に工事をしましょう。

外壁塗装業者の選び方や目的&費用について

塗装

目的を決めよう

外壁塗装をする場合にまず決めるのが依頼をする目的です。多くは、見栄えの改善や劣化に伴うメンテナンス、家の機能を高めるのが狙いです。家が古くなる原因に水漏れがあるので、防水機能を高めるためにも外壁塗装が不可欠です。

刷毛

工事費用について

外壁塗装に使用する塗料によって、費用は大きく違います。一番安い塗料を使った場合は、15坪で60万円前後ですが質の高い塗料の場合は、100万円弱かかることもあります。

メンズ

業者の正しい選び方

大切な住まいを外壁塗装する場合は、信頼できる業者が不可欠です。大きな工事なので近隣住民に挨拶ができる業者がいいでしょう。これができていないと、住民からクレームが発生します。また業者によって中間マージンが発生する場合もあるため、この部分が含まれると費用も高額になります。後は、営業担当者との相性や施工実績の多さも同時にチェックしましょう。

依頼前に知りたい塗料とペンキの違い

ペンキ

ペンキはオイルペイントと呼ばれ、植物油でできています。価格がとても安く、塗りやすいことで知られているでしょう。その反面、乾燥の遅さや耐候性が低くなります。

塗料

屋根や外壁に使用される塗料には、耐久年数が求められます。そのため、ペンキよりも耐候性に優れており尚且つ低汚染機能が備わっているものもあります。

仕上りと機能性は塗料で決まる

家の外観を美しくしたり機能性を高くしたりするには、使う塗料が関係してきます。今後工事をする機会があるなら、塗料の種類を把握しましょう。

外壁塗装で使う塗料の種類

ローラー

アクリル塗料

合成樹脂が主成分なので、くっきりと色がつきます。強度が高いわりに軽量なので扱いやすい点も魅力です。

シリコン塗料

シリコン系の合成樹脂が主成分のシリコン塗料は、高い耐水性と耐震性、耐汚性など長く持つための条件を揃えています。長期に渡り美しさをキープしたい場合に最適です。

ウレタン塗料

施工でよく使われるのがウレタン塗料です。特徴は耐久性と防水性に優れていることで、価格と機能性などのバランスに優れています。

フッ素塗料

数ある外壁塗料の中で最もいいのがフッ素塗料です。粘膜の寿命は長めで耐久性もピカイチです。外壁だけでなく屋根の施工にもよく使用されています。お金に余裕がある人はフッ素塗料を選んでもいいでしょう。

[PR]
埼玉の業者に外壁塗装を頼もう
家の耐久性を大幅アップ☆

[PR]
外壁塗装はプロに頼むべし!
質の高い施工を提供してくれる!