ロゴ

外壁塗装工事に失敗しないための知識を取り入れよう

>人気記事>外壁塗装を依頼する人に教えたい施工方法と工事成功の秘訣

外壁塗装を依頼する人に教えたい施工方法と工事成功の秘訣

塗装

1液と2液の違い

外壁塗装で使用される塗料には1液と2液が存在します。1液の場合は、他の材料と混ぜる必要がないので、施工も大変楽です。2液は凡庸性が高いのでどんな用途にも使用可能です。使い勝手もいいでしょう。

住宅

より高い耐久性を出す方法

コーキングやシーリングは、外壁の修繕に使用される材料で、この二つはそれぞれ違いがあります。コーキングは、主に大きく空いた穴やひび割れを直し、シーリングはより細かい箇所に使用されます。ただコーキング材は、表面の皮膜はできても、中を硬化することはできないため、シーリング材のような使い方は難しいです。そのため、状態に合わせて上手に使い分けることが必要です。

刷毛

施工後にすること

外壁塗装後は、業者と共に出来栄えをチェックします。この時に塗りが甘いところが見つかった場合は、指摘すれば快く対応します。また、アフターケアに関しては各業者で保証期間が数年設けられているので、点検や問題が発生した場合に役立ちます。

外壁塗装工事をするまでの流れ

ローラー

問い合わせをしよう

外壁塗装をする場合は、まず専門業者への問い合わせが必要です。埼玉にある家を塗装する時は、地元で人気の業者に相談しましょう。

現地調査を行なう

お問い合わせ後、現地調査をしてお客さんの要望や工事が必要な箇所をチェックします。その後本格的に診断をします。

見積もりをする

お客さんの要望や希望を聞いて、今の状況に合う塗料の提案をします。工事期間や進め方なども見積もりの時に聞けるでしょう。

契約をしよう

見積もり後、家族皆で話し合いを行ない納得すれば契約となります。この時に再度施工に関する詳しい説明をします。

近隣へ挨拶をする

近隣住民とのトラブルを避けるため、工事前には必ず業者が近隣住民への挨拶をします。きちんとした業者なら清潔感のある格好を心がけるでしょう。

外壁塗装業者選定時に迷うこと

外壁塗装業者を選ぶ時に迷うのがリフォーム業者か工務店にするかです。どちらも同じようで違うので比較を通して特徴を知りましょう。

何が違う?リフォーム業者と専門業者

リフォーム業者

リフォーム業者は主に、建物の修繕を行なう場所をいいます。またリフォーム業者の場合現場での指導や支持がされないケースも多く、担当者自身も外壁塗装に関する知識が薄い傾向にあります。

専門業者

リフォーム業者で外壁塗装をお願いすると、自社ではなく他の場所から職人を派遣することが多いです。一方、専門業者の場合は業者が一貫して作業をするので、信頼性や仕上りは抜群です。

放置したら危険

外壁塗装は、年月が経つとあらゆる問題が浮上します。放置すると劣化が急速に進むため、早めに対策することが大事です。

こんな症状が出たら要注意!

  • ひび割れが起きている
  • 外壁と触ると白い粉が手につく
  • カビや苔が目立つ