ロゴ

外壁塗装を依頼するなら長持ちする塗料を知っておこう

>お役立ち情報>外壁塗装にはウレタンやフッ素がお勧めされている

外壁塗装にはウレタンやフッ素がお勧めされている

刷毛

施工に必要な塗料の特徴は

大阪での外壁塗装ではほとんどの方が専門業者に依頼することになりますが、その際の塗料については知識があまりないため、業者に任せっきりという方も多くいることでしょう。塗料というのは外壁塗装専門の商品を使って施工していきますが、種類は大きく分けてウレタン塗料とシリコン塗料、フッソ塗料の3つがあります。まず、ウレタン塗料は性質が柔らかく細部に丁寧に塗れるのが特徴で、耐久年数は8年から10年程度持ちます。一方シリコン塗料ではシリコン系の樹脂で作られた塗料で弾性と伸縮性があるため施工しやすく、耐用年数も8年から15年と長持ちするのが特徴です。そしてフッソ塗料ではランクが一番上の塗料で汚れを弾きやすく酸性雨や紫外線に強いフッ素樹脂を使われており、耐用年数は15年から20年となっています。このような塗料が大阪でも一般的に使われており、それぞれ特徴が違うので業者に相談してから塗料を決めるのがおすすめです。

工具

人気を博す塗料について

外壁塗装を依頼した際の費用は大阪の場合、一般的な住宅で30坪の広さなら70万から150万と大きな費用を要します。使われる塗料や基本料金などが業者によって開きがあるのも外壁塗装の特徴で、それでも費用を安くしたいと考える方も大阪には数多くいるのが現状です。現在大阪で人気となっている塗料は対応年数が8年から10年のウレタン塗料で、もっとも安い塗料という点が大きく評価されています。使用環境によっては10年から12年という長い期間の耐用が期待できる点や、依頼する業者によって塗料の性質を職人が最大限引き出してくれる点が人気を博しています。費用の負担に余裕がある方はフッソ塗料というのも評判高く、どのような環境にも適している点や圧倒的な耐用年数の違いが魅力的となっています。場合によっては20年以上もの耐用年数があるため、ウレタン塗料を2回施工するよりもお得と考えて施工する方が多くいるのも理由の一つです。